お宮参りの写真撮影はどうする?出張カメラマンを利用してみた感想!

赤ちゃんが生まれてやっと1ヶ月が経つ頃。
生まれて最初のイベント「お宮参り」の時期がやってきます。

お宮参りでは、神様に対して赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長をお祈りします。
男の子は生後31日または30日、女の子は生後33日または31日に、生まれた場所や住んでいる地域の守り神が祀られた神社に参拝するのが一般的です。
(実際には母子の体調を優先して都合の良い日取りで執り行います。)

参拝する神社を決めて、両親との予定を調整して…
決めなくてはいけないことはたくさんありますが、一番悩ましいのはお宮参りの時の写真撮影!
お宮参りは赤ちゃんの晴れ姿を初めて披露するビッグイベントです。
是非、家族で写真を撮って記念に残しましょう。

とはいえ生後1ヶ月前後だと赤ちゃんはまだ寝ているか泣いているかおっぱい飲んでいるか…。
そんな中での写真撮影、はたしていい写真が撮れるのでしょうか。

どうせならわが子の表情豊かな写真を記念に残したいですよね。

わが子のお宮参りの際にいろいろと調べた結果をまとめておきたいと思います。
これからお子様のお宮参りを迎えるママの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

写真撮影の形式にはどんなものがある?

写真撮影というと、スタジオで衣装を着て撮影するイメージが強いかと思います。
でも、実はそれだけではありません。
主な写真撮影の形式としてはスタジオ撮影と出張撮影の2つが挙げられます。

それぞれの特徴を見てみましょう。

スタジオ撮影

写真館やスタジオでの写真撮影です。

メリット

・天候による影響が少なく、しっかりとした照明で撮影できる。
・衣装や小物の貸し出しをしていることが多く、当日の荷物を最小限にできる。
・駅前やショッピングモール内の店舗が多く、撮影後にそのまま食事会等が可能。
・参拝日と撮影日を別にすることもできる。

 

デメリット

・金額が高い。(相場は3万円程度)
・撮影したデータはすべてもらえるわけではない。(課金制、要オプション品購入など)

 

出張撮影

プロカメラマンにお宮参りに同行してもらって写真を撮ってもらいます。

近年、多くのカメラマンや業者が出張撮影のサービスを行っています。
インターネットで簡単に自分の地域で利用できるサービスを探すことができますよ。

メリット

・スタジオ撮影と比較すると比較的価格が安価な場合が多い。(相場は1.5万円~)
・撮影した写真のデータは基本的にすべてもらえる。
・自然な雰囲気の写真が撮れる。
・参拝のときに撮影するため、写真撮影のために長時間の外出は不要。
・オフショットもきっちり撮影してくれるので、両親や祖父母はイベントに集中できる。

 

デメリット

・天候による影響を受けやすい。
・基本的に衣装の貸し出しなどはなく、自分で用意する必要がある。
・写真の質はカメラマンの腕で変わる。
・データ渡しのため、印刷は基本的になし。

 

出張カメラマンを利用してみた

それぞれのスタイルのメリット/デメリットを把握したうえで、コストメリットが最大の決め手となり私達家族は出張カメラマンを利用してお宮参りの風景を記録に残すことにしました。

(スタジオのかわいらしいセットや衣装での撮影も捨てがたかったのですが、気恥ずかしく感じてしまいました。)

参考までに、お宮参り当日の流れを紹介します。

お宮参り当日の流れ

※この流れはカメラマン(業者)によると思いますのであくまで参考情報です。

10:45 現地待ち合わせ・境内での写真撮影

11:30 祈祷
私たちが利用した神社では祈祷中の写真撮影が可だったため
祈祷風景も撮影していただくことができました。

11:50 祈祷後時間が余ったので、境内近辺での写真撮影・歓談

 

カット数と金額

1時間半の依頼でカット数約170カットで、金額は約2万円程度。

(カット数の決まりはなく、撮影したデータはすべて提供とのことでした。)

祈祷時間を除くと撮影時間は約1時間程度でしたが、金額とカット数については十分満足できました。

出張カメラマンを利用した感想

出張していただいたカメラマンの方は人当たりの良い方で終始和やかな雰囲気でお宮参りを進めることができました。

お宮参り当日の天気は快晴とはいかず、少し雲の多いお天気だったのですが、プロの撮影技術で素敵な写真を残すことができました。

また、今回利用した神社では、祈祷中の撮影がOKでしたので、お宮参りの全体の流れを撮影でき、記念になりました。

今後もイベントがたくさんある中で出張撮影を活用したいと思いました。

ただし、何点か残念だったこともありましたので今後出張撮影を使ってみようという方のためにまとめておきたいと思います。

残念ポイントとその解決策

個人的に少し残念に感じたことは以下の2点でした。

残念ポイント①:子供をあやすための小道具は一切用意されていない

カメラマン自身は赤ちゃん好きのようでしたが、赤ちゃんの目線をカメラのほうに引いたりするのに小道具は全く用意されておらず、赤ちゃん自身の気分に任せての撮影となりました。
業者・カメラマン個人にもよるかもしれませんが、もう少しカメラのほうに目線を引くための工夫がほしかったなと思いました。

解決策:お気に入りのおもちゃを絶対に自分で持参!

スタジオ撮影だと、音の出るおもちゃなどの小道具もスタジオにそろっていることが多いのですが、出張撮影の場合はそうではないようです。
赤ちゃんお気に入りのおもちゃを一つは持参しておくと、何かと役に立ちそうです。

 

残念ポイント②:写真撮影の構成をリードしてほしかった

どういう写真を撮りたいか(ポージングやアングルなど)を自分たちで指定するのって案外難しく感じました。
カメラマンに「どういうショットをとりますか?」と訊かれたときに具体的な案が出てこずに、あたふた…。
「こういうショットが人気」、「この場所での撮影がおすすめ」などアドバイスしてリードしてもらいたいと感じました。

解決策:事前にお願いしておく

写真の構成について希望がある場合は、事前に伝えておきましょう。
漏れもなく当日もスムーズに撮影を進めることができると思います。

出張撮影の場合メールでやり取りをすることが多いと思いますので、その中でイメージを伝えておくといいと思います。
おすすめポイントやアングルなどを教えてほしい場合も事前に伝えておきましょう。

 

上記の残念ポイントについても個々のカメラマンの技量や撮影スタイルによるところだと思うので口コミや作品を拝見したうえで実際に会ってみないとわからない部分だなと感じました。

出張撮影はカメラマンにより相性や技量の差がありますので、お気に入りのカメラマンさんを見つけ、継続的にお付き合いができると、子供も安心していい写真が撮れるかもしれません。

残念ポイントも事前に対策して、素敵な写真を残せるといいですね。

お宮参りの衣装ならレンタルがおすすめ!

【お宮参り レンタル】楽天 着物レンタルfy16REN07【b】

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

都内在住のアラサー女子です。 2017年に第1子を出産しまして、現在、育休中の身です。 理系大学出身後、システム開発の道に進み男社会にどっぷりつかっていました。 よろしくお願いします。