自信のなかった母乳育児もついに終了!息子との母乳ライフを振り返る①

こんにちは。ふくたろうです。

息子ももうすぐ生後8か月になります。

離乳食もだいぶ量を食べてくれるようになったので復職に向けて、ついに先日、断乳することにしました。

(断乳については、後日改めて書きたいと思います。)

断乳…とても感慨深いものがあります。

というのも、息子が生まれた当初、まったくと言っていいほど母乳の分泌がなかったのです。

母乳の立ち上がりが遅かった分、母乳量に自信がなく常に母乳不足感に苛まれ…。

あれやこれやと悩みながら、混合栄養ではありましたが何とかここまで母乳を飲んでもらうことができました。

色々と思ったことや勉強になったことが多かった7か月でしたので、何回かに分けて波乱万丈(?)な私の母乳育児経験から得た教訓をいくつか紹介したいと思います。

この記事で、母乳育児に悩んでいる新米ママを少しでも勇気づけることができればうれしいです。

今回は新生児期のお話です。

スポンサーリンク

【~生後2週間】出産直後、母乳が全く出ず。一人病室で涙した夜…

出産後はお母さんの体を休めることが最優先!!

比較的安産だった私。

ただ、少し出血量が多かったようで、出産直後は38度前後の発熱と貧血がありました。

出産翌日には母子同室がスタートしたのですが、発熱は収まったものの貧血は残ったまま。

息子は初めての外界からの刺激が強かったのか全く寝てくれず、一睡もできませんでした。

貧血と睡眠不足で産後の疲れは癒えないまま入院期間が過ぎていきました。

 

教訓①

出産直後はとにかく体を休めることが大切!

助けてもらうことは悪いことではありません!助産師さんを頼ってオールOK!

自分から声掛けして休ませてもらいましょう!!

目からうろこ!産院では教えてくれなかった「テーブル」授乳が素晴らしすぎる!

ちなみに産院では

  • 授乳はだいたい3時間以内おきにすること。
  • ただし、母乳はいつでもあげてOK。
  • 授乳前後に体重測定をし、母乳の分泌を確認し、必要であればミルクをたすこと。

このように授乳をするように指導されていました。

このルール(?)がまた育児になれていない初産の新米ママにはつらいものでした。

  • 「母乳はいつあげてもOK」と言われても、泣く以外の母乳がほしいサインがわからない。
  • おなかがすいて泣いているのに体重測定とかそんな余裕ない。
  • 体重測定しているうちに泣きが激しくなって、おっぱいくわえさせる頃には息子大暴れ。

つまり、全く哺乳練習にならない。

こんな感じで母子ともに母乳スキルは全く上がらないまま日々が過ぎていきました。

また、母乳を飲む練習が捗らない理由の一つに、ポジショニングがうまく取れないという問題がありました。

産院では新生児の内は赤ちゃんに乳首を深くくわえてもらうために交差横抱きで授乳するよう指導されていました。

補足:交差横抱き

飲ませる乳房と反対の手で赤ちゃんの頭と体を背中側から支えるスタイルです。

赤ちゃんの頭の動きをコントロールしやすいので、首が据わる前の赤ちゃんや小さく生まれた赤ちゃんに適しています。

赤ちゃんがしっかり吸って飲み始めれば横抱きにしてもいいでしょう。

しかし、この交差横抱きが難しく、泣いて暴れている息子の体勢をうまく支えることができませんでした。

(比較的息子が大き目だったことと、私の手のひらが小さいことが原因かもしれません。)

フットボール炊きや縦抱きなども試してみましたが、どれもいまいちしっくりこないままでした。

(なぜか横抱きは勧められませんでした。縦抱きより横抱きのほうが先じゃないの?今思うと不思議…)

結局、生後2週間のころくらいに横抱き+授乳クッションで落ち着きましたが、このポジショニングが安定するのがもう少し早ければ母乳育児をスムーズにスタートできたのではないかな…と思っています。

ずっと気になっていたので、断乳の時にお世話になった助産師さんに何かいい方法はないのか聞いてみたところ、「テーブル授乳(座卓授乳)」なんていう方法があったようです。これには目からうろこ。

もし次があれば実践してみたいです。

教訓②
ポジショニングがどうしてもうまくいかない場合は「テーブル授乳」がいいらしい!

まとめ

いかがでしたか?

出産直後から母乳がたくさん出るママもいるみたいですが、私は本当に母乳の立ち上がりが遅かったです。

こればかりは個人差ですので落ち込まずしっかり休んでしっかり食べて体を回復させましょう!

次回は生後3か月頃までの出来事を書きたいと思います。

それでは!

自信のなかった母乳育児もついに終了!息子との母乳ライフを振り返る②

2018年3月19日

 

妊娠、授乳中は葉酸サプリがおすすめ/提携

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

都内在住のアラサー女子です。 2017年に第1子を出産しまして、現在、育休中の身です。 理系大学出身後、システム開発の道に進み男社会にどっぷりつかっていました。 よろしくお願いします。