成長は突然に。7か月の息子のずりばい(はいはい)練習法はこれだった!

やっと7か月になったわが息子。

2か月ちょっとのころに首が据わり、3か月ちょっとで寝返りができるようになりました。

そして、6か月ころからは腰もだいぶしっかりとし、お座りも上手になってくるという比較的ハイペースな成長を遂げていました。

うつ伏せの状態で遊ぶのも大好きで、寝返りでコロコロと部屋中移動していました。

ところが、なぜかずりばいは苦手なようでなかなか前に進むことができずよく癇癪を起していました。

(よく後ろ向きにずりずりと移動していました。(たぶん腕をツッパリすぎていたのかな?))

お気に入りのおもちゃを進行方向でちらつかせたり、四つん這いのポーズを教えてあげたりといろいろと助け舟はだしたもののどれもあまり効果は出ず。

まあ、とはいえまだ7か月なので特に焦っていたわけではありませんでした。

そのうちコツをつかんで前にも進めるようになるだろう、と気長に構えていたある日。

ひょんなことからいきなりずりばい(結構はいはい寄り)をし始めたのです。

スポンサーリンク

きっかけは携帯電話!?

その日、普段お尻のポケットに入れていた私のスマートフォン(iphone)が何かの拍子にすり抜けてしまい、いつの間にか床に放置されていました。

いつも触らせてもらえないスマートフォンが床に放置されていることに気付いた息子。

じぃーーっとしばらくの間スマホを凝視していました。

私も、どうせすぐに手は届くまいとその様子を静観していたのですが…。

なんと次の瞬間、今までどんなに頑張っても前向きには進めなかった息子が携帯に向かってずりずりと進み始めたではありませんか!!

 

 

いやあ、赤ちゃんって電子機器本当に好きですね。

この後、テレビのリモコンでも同じように必死でずりずりにじりよってくることがわかりました。

赤ちゃんがなかなかずりばい(はいはい)しなくて悩んでるぱぱ・まま!

この作戦一度試してみてはいかがでしょうか。

 

おわり

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

都内在住のアラサー女子です。 2017年に第1子を出産しまして、現在、育休中の身です。 理系大学出身後、システム開発の道に進み男社会にどっぷりつかっていました。 よろしくお願いします。